相続問題を弁護士に相談

相続問題について相談すべき人は誰

遺産相続を相談する場所

遺産相続に関する揉めごとが起こったとき、誰に相談を持ちかければよいのでしょうか。近所のご意見番?それともお金に詳しい銀行員でしょうか。結論を先に述べましょう。相続問題の相談相手に相応しいのは弁護士です。相続問題にお困りで弁護士への相談を考えているならこちら。

弁護士は法律のスペシャリストです。遺産分割の割合について揉めている場合などに、法律に基づいた解決策を与えてくれます。分割して相続しにくい不動産があるケースでも、弁護士に相談すれば適切な分配方法を提示してくれることでしょう。

また、直接話し合いを行いたくない相続人がいる場合に、代理人として交渉に臨んでくれる点も弁護士の強みです。

たとえば、「父と内縁関係にあった人物が相続人として浮上してきた」といったケースを想像してみてください。遺言状に「内縁者に遺産を残したい」と記載されているようなケースです。こうした正体がわからない人物と、遺産についての話し合いを行いたいと思う人は少数でしょう。弁護士に相談すれば、上記のようなケースでも相続人に代わって内縁者と交渉を行ってくれます。仮に相続問題が調停や裁判に発展したとしても、弁護士が味方となってくれるので安心です。

弁護士の持つ強みは、これだけではありません。相続税の納付が必要だと判明した場合も、弁護士が税金の申告を手伝ってくれる場合があります。税金の申告といえば、税理士に頼むものと思われがちですが、税理士登録している弁護士なら、専門の税理士と同様に相続税の申告業務を行うことができます。

税理士の中には、相続税に明るくない人もいるものです。やみくもに税理士を雇うよりも、相続問題全般に詳しい弁護士に申告を相談したほうが手続きがスムーズに進む場合もあるでしょう。このように相続問題に関する相談相手に弁護士を選ぶ利点はたくさんあります。遺産相続で揉めそうだと感じたら、早い段階で弁護士に相談しましょう。

Copyright © 他人事じゃない!相続問題. All rights reserved.