相続問題を弁護士に相談

他人事じゃない!相続問題

相続問題は何故揉めるのか

ドラマや映画などのテーマに取り上げられることの多い相続問題。フィクションの相続問題は、資産家の家庭で発生することがほとんどです。一方、現実の相続問題は資産の少ない一般家庭を中心に発生しています。5000万円以下の遺産をめぐって揉めごとを起こす家族が非常に多いのです。

それほど高額でない遺産の相続で、なぜ揉めごとが起こるのでしょうか。相続で揉める主な理由として挙げられるのが、「遺産の分配のしにくさ」と「感情をめぐる問題」です。

まず、「遺産の分配のしにくさ」について見てみましょう。遺産を分配しにくい状況の代表として、土地という形でだけ遺産が残っているケースが挙げられます。相続人が複数いる場合、土地を均等に相続することは難しいです。相続人の誰かがその土地に住んでいる場合は、特に話が複雑になります。いきなり退去させることもできないため、土地を売却して現金で遺産を分配することが難しくなってしまいます。

かといって住人だけが遺産である土地を相続すると、ほかの相続人から不満が出る可能性は大です。相続人の誰かが遺留分(一定割合の遺産を受け取ることを相続人に保証する制度)を行使する、といった事態も起こりえます。遺留分を行使された場合、土地の相続人は請求者に一定の財産を「返還」しなければなりません。返還すべき金額は相続した土地の評価額にもよりますが、大抵は高額になります。高額な財産の返還に応じられる人は少数です。こうした事態に陥ると、相続問題の泥沼化は避けられません。

続いて、相続問題が起こる2番目の理由である「感情をめぐる問題」について見てみましょう。相続問題は、金銭だけをめぐって起こるわけではありません。家族に対して抱いていた不満が、遺産相続の場面で噴出する場合があるのです。

たとえば兄弟のうち長男だけが、親に高い学費を払ってもらっていたとします。この長男に対して、ほかの兄弟は「自分は教育にお金を使ってもらえなかった」と感じていたとしましょう。こうした過去の不満が遺産相続の場面で爆発すると、相続問題に発展しかねません。「学費を多く払ってもらった長男の取り分を減らして欲しい」といった要求が、兄弟から飛び出す場合があるのです。

以上のような相続問題は、どんな家庭にも起こりえます。家族が「争族」にならないように、平素から話し合いの場を設けるといった努力を怠らないようにしましょう。

Copyright © 他人事じゃない!相続問題. All rights reserved.